mobile.jpgオバマの改革2014 Christoph Röckerath報告

home topics -オバマ大統領の改革演説 2014年01月17日
Christoph Röckerath のワシントンからの Twitter上の実況報告を纏めたものです
オバマ大統領の改革演説 
2014年1月14日
オバマは演説をNSAの秘密活動の死活的に重要な役割についての歴史的推移「革命から今日までの秘密活動」から始める。
秘密活動は重要だが、その民主的な監視も重要だ。 明らかに、DDR(東ドイツ)ではこれが欠けていた。
秘密活動は多くの攻撃を防ぎ、命を守った。 USA内だけではなく、他のところでも。
秘密活動は秘密保持なくしては機能しない。 すべての事についてオープンに議論することは出来ない。
緊密な関係の友好国はこれから諜報されることはない。
Snowdenの暴露は光よりも熱をもたらした。 敵に手法を明らかにすることは、USAに何年にも渡って害を与えることになる。
外国人のプライバシーをUS市民と同じように守ることを約束する。
我々のパートナーはこれからもスパイすることを望んでいる。 誰もがやっていることだが、我々の能力がより高いからといって、許されることはないだろう。
中国やロシアの秘密活動について疑問を呈する人は誰もいないが、我々からはより多くを期待される。 議論は我々の立場を強めるだろう。
オバマは43分で演説を終え、民主主義への強固な信頼を明言した。 我々を守らなければならないが、個人の自由は保持されるべきだ
Christoph Röckerath
楽天トラベル
ヨーロッパ
海外航空券予約