mobile.jpg日本の経済政策失敗

home topics - 日本の経済政策失敗2014年11月18日
日本の経済政策失敗 Felix Brill
日本の経済後退と国会解散についてのスイス公共ラジオSRFの経済ジャーナリストEveline Koblerの報告
日本は予期に反して経済後退に滑り落ちた。 政府が重要課題として回避しようとしていたことが起こってしまった。 世界第三位の経済の躓きが世界経済に意味するものは何か?
日本経済は第3四半期に更に縮小するとは誰も予想していなかった。 統計は前の四半期に経済が縮小したことを明らかにしていた。 「世界第三の経済が弱い状態から抜け出ることが出来なかったのは良い徴ではない」とコンサルタント会社Wellershoff&Partnersのエコノミストで日本エキスパートのFelix Brillは語る。 第一に個人消費が低迷している。 4月に行われた消費税率の5から8%への引き上げが予想以上に強く長い影響を消費意欲に与えた。 更に、企業もほとんど投資しない。 これは安倍首相の政権にとっては敗北と同じ意味を持つ。 安倍首相は最近の数ヶ月、消費者と企業の気分を高揚させることに集中して努めた。 楽観を広げ、景気回復を強いる心理的な方法も用いられたが、Brillによると「現状では、実験は失敗したと言わざるを得ない。」
第4四半期には僅かな回復をエコノミストは予想する。 個人消費が軽微に上昇する兆しがあり、企業も再び新しい工場や商品に投資するだろうとBrillは見ている。 しかし、熱狂的なムードが出ることには警告して、「力強い活性化による牽引車の役割は期待できない」とする。 今後も、経済が堅調に成長しているUSAが世界経済のエンジンであり続ける。 日本が経済後退に陥っている一方で、ヨーロッパは中位でブラブラしている。 日本からの経済データが悪くても、世界経済は暗黒の結論を出す必要はなく、全般的な構図はそれ程悪くないとBrillは考える。 経済成長は大きくはなるが、ダイナミックな上昇は期待できない。 Brillは「日本はその規模のため、リスクであることに変わりはない」と付け加えるが、それは景気が理由ではなく、安倍政権が処方した極端に緩い通貨政策のためだ。 日本の通貨は既に顕著に弱くなっており、更に極端に弱くなることもあり得るとBrillは懸念する。 通貨緩和策で日本はインフレーションを既にはっきりと焚き付けたが、この二つはともに円を弱くする。 さらに、株式市場は日本からの悪い知らせに反応して、世界中で下落圧力がかかり、原油価格も相変わらず後退を続けていることも最近の景気データを縮小させている。
Wellershoff&Partners Felix Brill Twitter Eveline Kobler
楽天トラベル
ヨーロッパ
海外航空券予約