mobile.jpg受難の金曜日 復活の日曜日 休日 人類の救い主 春の女神 過ぎ越しの祭り 種無しパン 聖週間 三日祈祷、磔刑 棕櫚の日曜日 Diavolata エルサレム 復活祭の意味とヨーロッパ各地での行事についての考察 行事 音楽 料理 宗教行列 受難劇 復活のシンボル 卵 ウサギ、

homeヨーロッパの愉しみ - 復活祭TOP-復活祭2017info - 復活祭の行事 - 受難と復活の音楽 -復活祭の料理 2017-03-18
Passion Erl Passionsspiele Erl
この時期には教会の行事や宗教行列だけでなく、 受難劇も各地で上演されます。 ドイツ語圏で一番有名なのが オーストリアErlの受難劇で、1613年に初めて行われたものです。 現在では6年毎に公演され、前回は400年記念の2013年でした。 次の上演年は2019年です。 まだ、上演日時は発表されていませんが、これまでの例では復活祭の頃ではなく、観光客向けの5月から8月になると思われます。既に事前予約が始まっており、チケットの権利を事前確保できるようですが、この申し込みでは義務は何も生じません。 正式の申し込みは2018年年初に始まるとされています。
auferstehen slideshare.net
美術作品も最後の晩餐から復活そして昇天までのイエスを描いたものは枚挙に暇がありません。 このリンクは主にイタリア人画家の作品を集めたサイトです。
pieta 受難と復活の音楽
音楽にも受難と復活の物語を扱った作品が多くありますが、 私なりに 受難と復活の音楽をまとめてみました。
osterei Как украсить дом к Пасхе
さて、いろいろな所でもうお気づきになったと思いますが、復活祭のシンボルは何と言っても卵です。いろいろな方法で染められた卵が食べられ、装飾を施された卵の展覧会や卵型の飾りのコンテストなどもあります。また、親達が工夫を凝らして隠しておく(多くはチョコレートの)卵を探すのは子供達にとって復活祭ならではの楽しみです。街の広場などで茹卵の両端を打ち付け合って割れなかった卵の持ち主が割れたほうの卵を没収するというゲームが行われます。
osterei Osterhase
また、ドイツではどういう訳かウサギがシンボルのひとつです。これは、ウサギが多産であると信じられていることと関係があるようです。ドイツの復活祭サイトもウサギで埋まっています。
楽天トラベル
ヨーロッパ
海外航空券予約



ヨーロッパ民衆文化の想像力 民話・叙事詩・祝祭・造形表現[本/雑誌] (単行本・ムック) / 伊東一郎/著 蔵持不三也/著 松平俊久/著 3,456 円
2,100 円